手技数を増やすことはいいことですが基礎はもっと大切です

こんにちは。滋賀県大津市堅田駅徒歩2分「タイ古式マッサージ&スクール・ピンディ」です。

タイ古式マッサージには数百種類の手技がありますが、もちろん、毎回すべての手技を使って施術するわけではないです。数ある手技の中から相手に合わせて手技を選び施術を組み立てて行きます。

組み立て方はセラピストそれぞれ違いますが、全体的な手技の流れをベースとして持っておいて、それに必要な手技を付け足したり入れ替えたりして施術することが多いように思います。

ですが、タイ古式マッサージを始めたばかりの方は持っている手技数にも限りがありますし、その都度組み立てる余裕もないかと思います。
その結果、毎回同じ施術でお客様に申し訳ないとおっしゃる方もいます。

でもスクールで習う流れをそのまま、みんなに同じ流れで毎回同じ施術を行うことが悪いわけではありません。

何度も同じ手技を行うことで、その人の持っている体の癖や特徴に気づくことができる利点があります。
また、全身をトータルで施術することで、診立て違いから必要な箇所を施術しなかったというベテランにもありがちなミスをおかすことなく、効果的な施術ができるといったこともあります。

自分のできることを、できる範囲で丁寧にしっかり行う。
そのことで見えてくることも数多くありますからね。

手技数を増やすのはその後でもいいと思います。
まずは基礎をしっかり。そのほうが最終的には相手の体にしっかり向き合える素敵なセラピストさんになれるような気がします。

焦らずじっくり、今できることにしっかり向き合って施術していきたいですね。

7月の練習会は15日(木)13:00〜の開催となります。お申し込みやご質問はお問合せフォームからお気軽にご連絡くださいませ。→お問合せフォーム

関連記事

  1. タイ古式施術時に力が入ってしまうお客様

  2. マッサージスクールのタイ人先生に言われた一言

  3. タイマッサージの正しい姿勢

  4. タイ北部伝統木槌トークセンのお手入れ

  5. タイマッサージの特徴(SENのお話)

  6. タイ北部伝統木槌トークセンで強い圧を入れるには

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。