タイマッサージできれいな姿勢を保つコツ

こんにちは。Thai massage Pindi です。

前回、タイマッサージの正しい姿勢として、キレイな美しい施術がすごく大事と書きましたが、今回はそれに対してのワンポイントアドバイスになります。

キレイな美しい施術をするためには、キレイな姿勢を意識していくことになります。では、キレイな姿勢とはどのようなものでしょうか?

人それぞれいろいろな考えがあると思いますが、僕の考えるキレイな姿勢は、体幹のしっかりしたぶれない姿勢です。スッと一本筋が通っているというか。

そこで、そのスッとした姿勢を保つために僕が意識していることは、下腹部に力を入れることです。

俗に言う丹田に力を入れるです。ヨガをやられている方にはバンダの方がしっくり来るかもしれないですね。ちなみに丹田はへそ下3寸と言われていますが、わかりやすくおへそと恥骨の中間あたりでいいと思います。

前回も書きましたが、力強く押そうと思うとどうしても姿勢が崩れがちですが、手で押すのではなく体の重さを乗せる感覚、大事なのは体幹の力をしっかりと伝えるっていうことなんですよね。

体幹の力を意識と言われると背中とか肩とかにもガチガチに力が入ってしまう方が多いですが、試しに強く押したいと思った時、下腹(丹田)にジワッと力を込めてみてください。

丹田に力を込めるのを意識すると、意外と背筋が伸びてキレイな姿勢が作れると思います。

正しいキレイな姿勢で美しい施術。そうすると、結果的に疲れづらい楽な施術ができるようになってくると思いますので、少しずつ意識しながら練習してみてくださいね。

関連記事

  1. タイマッサージの特徴(SENのお話)

  2. 力を抜く

  3. タイマッサージの正しい姿勢

  4. トークセンの持ち方

  5. トークセンのお手入れ

  6. タイ人の先生に言われた一言

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。